追掛大栓継ぎ


追掛大栓継ぎ

追掛大栓継ぎは梁と梁や桁と桁の継ぎ手として用いられます。女木に男木を上から滑り込ませます。 男木と女木には逆向きのすべり勾配がされていて男木となる上木が女木を押さえつけるよう傾斜させて二材の噛みあわせをより強力にしたものです。 曲げ抵抗が大きくすべり勾配の作用で男木と女木が同じ高さ(部材厚)になるようにすべり勾配で細工しますのでこれ以上は下がりません。 そのためすべり勾配の鋸目を良く研いた突き鑿で整え仕上げる加工が大切です。 男木にも女木にも穴をあけて込栓を差して強固にします。 追掛大栓継ぎを解体する場合には込栓を外して材軸と直角方向すなわち横にずらしてばらすようになります。

ウッドデッキの伝統軸組工法へ戻る


お問い合わせ

サイトマップ

特定商取引法

ウッドデッキ通販 阿部建設