ラチス押縁材


ラチス押縁材はラチス押える化粧材です 柱とラチスの4方を廻しますので化粧材として使われます。
基本的に、ラチスは柱溝に差し込まれますのでラチスが外れるということは無いのですが
押縁材はあくまで化粧としての役割が大きいです。内側のみに押縁材を取り付けることで十分な見栄えを発揮します。

ラチス押縁材は無節の杉材で作られます ラチスと同じ杉材を採用しています。
押縁材は無節の良材を採用します。普通は取り付ける際は、押縁材を縦勝ちという取り付け方をします。
縦勝ちは、縦の方を先に付けてから横の方を後から付けるので、縦の方が横よりも縦が通っているような見え方がします。
通常、縦勝ちは洋風、横勝ちは日本和室に良く採用されます。

標準グレードのウッドデッキ部材説明へ戻る


お問い合わせ

サイトマップ

特定商取引法

ウッドデッキ通販 阿部建設