『そよ風のように街に出よう』 終刊にあたって

 『そよ風のように街に出よう』は、今号(91号)をもって発行を終了いたします。これまでご愛読、ご支援、ご協力をいただき、ありがとうございました。非力な私たちが38年間発行を続けることができましたのも、皆さまの力強い支えがあったからこそであり、心から感謝しています。
 『そよ風―』は終刊しますが、それは「お互いの違いを認め合い、共に生きる社会」が現実のものとなったからでは、もちろんありません。昨年の相模原事件が象徴するように、むしろ社会は異なるもの、発言力の弱いものへの不寛容の度を一層強めていると言えます。
 『そよ風―』編集部としての活動は終了しますが、私たちは今後もさまざまな形で発言し、行動してまいります。これからも変わらぬお付き合いをいただきますようお願いいたします。

                                 2017年 盛夏
                                 『そよ風のように街に出よう』編集部一同
                                 


● 『そよ風のように街に出よう』終刊後も、しばらくの間、障害者問題資料センターりぼん社の事務所は維持します。
  従いまして、連絡先もこれまで通りです。
● 『そよ風―』終刊後も、小冊子『そよかぜ』はしばらくの間、発行を続ける予定です。
  ご送付不要の場合は遠慮なくお申し出ください。
● この『そよ風―』編集部のホームページもしばらくの間維持し、情報の発信を続けます。

 

→ 『そよ風のように街に出よう』91号編集後記へ



 

ホームページへ