2019/06/07
たかがネットオーディオされどネットオーディオ!!
ウエスタンスピリッツのケーブル群で、
私のネットオーディオは素晴らしい音を手に入れました。
アクセサリー類を揃えて行く度にドンドン上質の音質となり、
残るは電源ケーブルのみとなりました。
早速スピリッツに、ネットワークプレーヤーと、
アンプの電源ケーブルを頼んだところ、
きっぱりと断られました。
何故かと聞くと、PSE法というのが有って、
各メーカーは国が認めたしっかりしたところで作られ、
販売されているものだけが使用できるそうです。


ところが、スピリッツの作成したケーブルだけを購入して、
私が購入してきた端末を自分で取り付ければ、
自己責任となりOKだそうです。
そこで、
ケーブルは既にエージング済みのものを、
昨日持って来ていただき、
私の方で端子を繋ぎ電源ケーブルの完成です。


早速音出しです。勿論スピリッツも立ち合いです。
現在までの工程で素晴らしい音質へと成長していたので、
たいした変化は期待していませんでしたが、
何と、スケールの大きな音楽へと変わっているのが、
手に取るように直ぐに分かりました。
スピリッツも、私のシステムで実際に聴いてビックリしていました。
何とも素人臭い表現になりますが、
3車線の高速道路が、6車線になったような感じです。
より重心が下がり太くそしてクリアーでスピード感が増し、
それぞれの楽器が芯を持ち主張を持ち、ゆったりと優しく響き、
曲全体はギュッと締まりながらも爽やかに流れる様なこの音、
これはも〜たまりません。
これ、一度に全部揃えたら音の変化が解らなかったでしょうね。
少しづつ足していく事で音の変化を肌で感じられるよう、
スピリッツが小出しで揃えてきましたが、
何とも粋な計らいというか、ちゃんと計算してたんですね。
流石はプロです。
様々な言葉を駆使して、分かって貰おうと努力していますが、
一言で言ってしまえば、付帯音の無いごく自然な音という事ですよね。
ネットオーディオの音源は計り知れなく素晴らしいと思います。
高価なアンプや各プレーヤーを揃えるよりも、
それぞれを繋ぐケーブルに勝算ありという事ですね。
私のシステムは、もうこれ以上揃えるものは有りません。
後は、刻々と成長していく私のシステムを楽しむだけとなりました。
そしてつくづく、ケーブルの重要性を思い知らされた歳月でした。
高価なものを持つことがオーディオファンのステータスだ。
なんていう時代は終わったのかもしれませんね。


一つ戻る 戻る