ウッドデッキの保存保管梱包


ウッドデッキに製品加工された部材を工場にて充分に乾燥されて保存保管されています。
発送される部材もダンボールに梱包されて部材ごとに使われる部材名を書き込んでわかるようになっています。 番号もふられていますので引き取り時の梱包数も確認できます。

ウッドデッキ部材に加工され、風通しの良い倉庫で充分保存されます

土台束の保存と梱包状態その1 土台束の梱包と保存の状態その2 根太の保存状態その1 根太を違う角度から見た保存状態その2
根太を桟木して風通しをした保管状態その3 クロス材の保存保管状況その1 クロス材をきちんと並べて保管されるその2 クロス材の保管状態その3

○部材部材に桟木を入れて風通しを良くしています。
○部材に製品化された商品は雨水が直接あたらないように保存保管されます。

笠木の保存保管の写真 クロスの保存保管の写真 土台大引の保存保管の写真

○窯から出した燻煙加工された木材を天日で1ヶ月ほど自然乾燥させます。
○製品化される前の木材はきちんと桟木されてバンドで固定され狂いの無いように細心の注意を払い天日乾燥されます。


ウッドデッキの梱包

ウッドデッキの梱包状態1

↑クリックして梱包を見てみましょう。

○部材は全てダンボールに包まれてお届けになります。
○ダンボールの上面に部材の名称が記載されます。
○梱包に番号振られていますので梱包数がわかります。

お問い合わせウッドデッキ通販 阿部建設