スキューバダイビング
(スクーバダイビングと発音するのが正解?)

スノーケリング

マリンコネクションさんの
ホームページ!
本当に安いです!
始めたきっかけは、10数年前、出張先のサイパンで無理やり誘われた体験ダイビングでした。初めてのスキューバダイビングで、快感に酔った私は早速ダイバーウオッチを購入しました。(格好から入るのでした)そして、都内・某ショップの合宿(2泊3日)でライセンスを取得しました。「さぁー沖縄だ!モルディブだ!」と、はしゃいだのでした。しかし、現実は甘くありません。ダイビングは二人でするもの。バディ(パートナー)のいない私・・。さて、どうしましょ!!やはり、時々ダイバーになってしまいました。しかもリゾートばかり・・・・。
グアム島 1990.2
ピティ・ボム
ホール

第二次大戦の時、爆弾があけた穴に魚が住みついている。魚影が濃い。最大水深10メートル位。初心者向き。水深が浅く、長く楽しめるので私は好きです。

アウトハウス
ビーチ

最大水深25メートル。あまり、記憶にない。

ブルーホール
初心者の私(10本目位)には厳しかったスポット。しかも初めてのボートダイブ。エントリーすると、海底に穴が開いていて、皆、その穴に潜って行く。縦穴の途中33メートル付近に横穴があり、その穴から脱出するのだが、私は写真撮影に夢中で(非常に無謀)どんどん沈んでいく自分に気がつかず、バディ(たまたまボートで一緒だった)にBCを捉まれやっとストップしたのでした。縦穴は水深50メートル以上あるそうなので、あのまま、沈んでいたらと思うとちょっと怖いですね。。写真はこの時撮ったものです。穴の中から見上げた空??はとても綺麗でした。                                             
減圧停止(ボートに上がる前、浅い水深に数分止まり体のガスを抜く)もこの時が初めてでした。

ドッグ・レッグ
リーフ

魚の多いポイント。地形も面白い。

 
モルディブ・ビヤドゥ 1990.12
ハウスリーフ
ココア・など












全てが驚愕の連続でした。カメラが途中で故障した為、写真が少なくて残念です。1周歩いても10分位の島でした。しかし、ビーチの水際から、20メートルもいくといきなりドロップオフ(リーフが急に深く落ち込んで、崖のようになっている。生物が多く生息している)
そこには、ギンガメアジの群れが舞い(写真上左)、マンタ(オニイトマキエイ)やナポレオンフィッシュが出現する、信じられない世界がありました。今、思い出しても、これに匹敵する海はありません。ただし、スキルは必要です。チェックダイブ(テスト)もあります。が・・自分が楽しむ為にも、もっと上達してから、行けば良かった・・と・反省しています。いつか・・・また・・・モルディブへ・・・行きたい!!!
 
ハワイ・オアフ島 1991.1
コルセア
砂地の海底35メートルに、プロペラの戦闘機が沈んでいる。そこが魚の住処になっている。周りはガーデンイール(穴子みたい)の畑。レンタルした機材がボロで、BCへのエアホースがすぐ外れる。何度も水中ではめなおすがダメ!まーいいか!?でも、私のバディの中学生の外国人(ここでは逆か!)のタンクはエアが洩れていた。ガイドに合図するも、全く気にしてないようで、エッ!???本当にいいの??私はダイブ中ずっと中学生のゲージばかり気にしていましたよ!!

タートル
海カメが多い。水深は10メートル位。セカンドダイブ用のポイント。ハッキリ言って期待外れ。今度は自分のタンクがブロー!このサービスは怖い!(ショップ名・スティーブスダイビング)

ハワイ・マウイ島 1993.2
モロキニ

ご存知、モロキニ島にあるポイント。魚影が濃い。シュノーケリングでも有名なポイント。平均水深15メートル。ウミガメが出迎えてくれました。ポッターエンジェルなどのハワイ固有種もいます。この日のボートで私以外は外国の方ばかりでした??いえ・・・日本人は私だけでした。

 
ハワイ・オアフ島 1995.12
MAHI
沈船ダイビング 水深20−30メートル

MAKAHA
 CAVERNS

水深10メートル位。ケープダイブ?

 
沖縄・本島 1997.7
北部
海底鍾乳洞



沖縄本島北部・辺戸岬付近の水深16メートルの地点に洞窟(横穴)があります。洞窟(中は真っ暗)に入って奥へいくと、少しずつ上昇していき、やがて、水面に出ます。洞窟の中はほぼ淡水。そこには、大きなドーム状の空間があり、もちろん空気がありました。ビックリしたのは、雑誌で読んだとおり、コオロギが生息していたのです。何を食べているのでしょうか?空間のあちこちに鍾乳石がぶらさがっています。天井はかなり高く、ライトの光が微かにしか届かない程でした。水中にも鍾乳石があるので、昔の水面は低かったという証拠になるでしょう。水温はかなり低かったと思います。この先にも穴はあるらしいのですが、迷いやすく、方向を失う恐れがあるらしいのでここでストップしました。                         





中から出口を見るととっても綺麗!!(右)
北部・ニ神岩
海底から海面上へ突き出た二本の細高い岩の周りの絶壁を楽しむ。私はめずらしく歯に痛みを覚え、浅めの水深をとりました。ここもグレートなポイントです。機会があったらまた・・・・。

 
沖縄・与那国島 1997.7
遺跡ポイント
あの有名な、遺跡ポイント。当地のショップも人工建造物かどうかわからないらしい。水深10−25メートルに、巨大な神殿らしきものがそびえたっている。階段らしきものもあり、真偽はどうあれロマンを感じました。しかし、流れが異常に強くスキルと体力が要求されました。海底を這いながら、掴めそうなものを見つけ、そこまで全力で泳いで移動しました。若葉マークのダイバーは吹き飛ばされ、ガイドに激突していました。
西崎
(いりざき)

完全に、ハンマーヘッドシャーク狙い。流れが弱い時は根にとりつき、じーっと待つのが基本。
流れる時はそのままドリフトして、20メートルの中層を泳ぐとのこと。実際流れたので、中層をハードに泳ぎました。しかし、残念ながらハンマーヘッドは見れませんでした。海底は50メートル近くあります。
同行の初心者の方が沈んでいきガイドを慌てさせました。減圧停止もロープなしで、自力で深度を維持します。上級者には普通の事ですが、初心者にはキツイかも?
この頃から私もガイドに中級と認めてもらえるようになり、タンクの容量が小さくなりました。ダイビングのスキルの判断基準のひとつに、エアの消費量があります。上手い人ほど空気を消費しません。でも、私はまだまだまだ、未熟者です。


中性浮力がとれず、ガイドにゲージを持ってもらい減圧停止する人も・・・。


恥ずかしそうなうつぼ君(右)
ムーランU
水深30メートルの海底に穴がある。そこに入り横穴(水深50メートル)から出る。グアムのブルーホール?でもこちらのほうが、ずいぶんと深い。
与那国のポイントはダイビングコンピューターは必携だ。減圧停止の表示が必ず出る。皆、平気で3本潜っちゃうし・・・・。左は入り口、右は出口の写真。

ムーランV
ここも深い。25メートルから50メートルの間にドロップオフがあり、ソフトコーラルの畑が広がる。海底にはハタタテハゼの大群。シテンヤッコ、タテジマキンチャクダイの幼魚など魚影が濃かった。

 
ハワイ・ハワイ島 2000.12
スカルケープ
水深10−15メートル。ガイコツの形?のケープ(洞窟)がある。
他にも小さな洞窟が多い。








さすが火山の島!地形がダイナミックだ!
カイビ
ハンマーヘッド出現の無線で、急遽向かうも、空振り。12メートル位の水深のドロップオフをドリフトダイビング。魚影濃い。

 
ハワイ・オアフ島 2000.12
コルセア
久々に潜るコルセア。以前とは桁違いの余裕?初めてのショップなのに上級者コースにいれてもらった。ウレシイ!!!ガイドの方もとても親切でした。どうもありがとう!ブリーズ・ハワイさん!

ピンクハウス
流れがちょっと強かった。魚影濃く。フエヤッコ、カメ、ハワイアンクリーナーラス、ムスメハギ、キイロハギ、ハワイアンドミノダムゼルなど・・・・・・。

タンク50本達成!
                         ワイキキの夜景です。
   
モルディブ・バンドス 2006.3
マーギリーイースト
バナナリーフ
バラクーダギリ
ランカンリーフ

久々のモルディブでした。そして久々のダイビングでした。初めはちょっとブランクを感じましたが、体が覚えていてくれました。無事「チェックダイブ」をクリア。ところが問題が発生!何と現在、モルディブでは、オープンウオータークラスのダイバーは水深18メートルまでしか潜れないそうです。
「カードランクより技量・経験の方が大切なのでは・・?」モルディブの悪法ですね。しかし、「悪法も法なり」。そこで、思い切って「アドバンス」の講習を受ける事にしました。インストラクターは日本人の「EIKO」さんです。ナイトダイビングまで経験でき、お陰様で、無事、「アドバンス・ダイバー」になることができました。EIKOさんには「娘たち」まで、体験ダイビングでお世話になりました。どうもありがとうございました。

ところで、「バンドスのハウスリーフは素晴らしい」と聞いていましたが、正直なところ、「まずまず」といった印象でした。16年前に行った「ビヤドゥ」の印象が強すぎる私は贅沢なのでしょうか?確かに「ビヤドゥ」の珊瑚礁が「今もあのまま」という保証はありませんよね。正気に戻って考えれば「超」が付く極上のハウスリーフでした。
今回、ボートダイビングが中心でしたが、シグナルフロートを使う浮上方法(写真右上)は安心できますね!ボートに置いて行かれるのは怖いですから・・。モルディブは進化しています。
コンパクトデジカメと水中ハウジングも大活躍でした。デジカメは撮影枚数を気にせず、動画まで撮影出来るのは素晴らしいですね。







16年前の忘れ物を取り戻すための旅だったのかもしれません。でも・また・モルディブに行きたい・・。

 
静岡県・南伊豆・スノーケリング 2008.8
中木
ヒリゾ浜


噂に名高い南伊豆・中木から船で渡れるヒリゾ浜でスノーケリングを楽しみました。
朝8時半、中木漁港を出発し、漁船で5分、砂のビーチではなく、岩場に到着しました。歓迎してくれるのは大量のフナ虫たち。シートを敷いて日光浴なら他でやれ!という感じです。もちろんトイレもありません。「小」は海の中でしましょう!「大」をする勇気は私もありません。









海は絶品。透明度が非常に高く、水温はやや低めでした。奥方、長女、次女と四人でエントリー。迎えてくれたのはソラスズメ(写真左)の大群でした。ここは本当に日本でしょうか?黒潮が直接当たるとこうなるんですね。ビーチから50メートルもいくと水深7−8メートル。チョウチョウウオ、ウツボ(写真上)、ツノダシ、カゴカキダイ、カワハギ、カエルウオ、ツバメウオ(写真左下)が見られました。イワシの稚魚らしい大群が岩陰に隠れています。コーラル類もイボヤギ、イソギンチャク、ウミウチワなどが美しい!感動したのか?カナズチの次女ですら、水深10メートルを恐れもせずスイスイと泳いで行きます。沖には監視船がいて、危険な水域への侵入を注意してくれます。私も我を忘れて泳ぎ続けました。昼食(お弁当)後もう1本、結果、己の鍛錬不足を痛感しました。脚がつりました。しかも両脚。もっと柔らかいフィンが必要か・・・情けない。午後一番で退却しました。

ヒリゾ浜への渡船は6月ー9月までの営業です。お盆、休日は非常に混雑し、駐車場が一杯になることもあるそうです。中木にはトイレ、売店があります。渡船は5分間隔で運行していますので、もしも「大」のときはサービスで戻してくれます。お勧めは死滅回遊魚がやってくる8月下旬以降。お子さんにはウエットスーツを着せてあげると保温と浮力になります。
注意!美しい海を守るため、サンゴを傷つけないように注意してください。
 
静岡県・南伊豆・スノーケリング 2009.8.24-25
中木
ヒリゾ浜

夏休みの定番となるかもしれません。今年も静岡県・南伊豆の「ヒリゾ浜」でスノーケリングを楽しみました。
ベースとなる南伊豆・中木漁港の駐車場代は1日1000円。大人1人の船代が1000円(往復)ですので、我が家の場合、5000円の投資で1日楽しめる計算です。
昨年、好評だった事もあり、今年はキャンプ初日、2日目と、2回訪れました。
ビーチは岩場で、決して快適な場所ではありません。フナムシだらけですし、日陰もありません。我が家は昨年の反省から、簡易テントを持ち込みました。浜は小さいので、大きなタープは迷惑ですから・・。
海は最高です。相変わらず魚影が濃く、魚、魚です。今年は、昨年行けなかったエリアまで行くことが出来ました。ウミウチワが印象的でした。ハードコーラルも美しく、正直スノーケルだけでここまでの体験が出来るのは驚きです。イカの群れにも出会いました。スキューバダイビングでも出会ったことの無い体験です。イボヤギの群生が美しいオレンジの触手を伸ばしていました。イソギンチャクにクマノミを捜しましたが、残念ながら発見できませんでした。
水温はやや低めです。潮の流れがありますので、ウエットスーツ着用が好ましいと思います。長い時間泳いでいると体温が下がり危険です。私は3mmのフルスーツで泳ぎましたが、「5mmでもいいかな?」と思いました。奥方も来年はウエットスーツを持参すると息巻いております。このままでは子供用スーツも作ることになりそうですね。
ちなみに、二女は2日目、膝を打撲し、簡易テントでお昼寝タイムでした・・。
下の写真はイカの群れ。奥方は「美味しそう・・」と発言。

トップページへ            作者紹介へ