Banner

Tube tuner page


DA−F9000調整、ページ1

DA−F9000及びFMチューナーの調整・修理を致します。

 費用は、FM部の調整で、基本的に8,000円です。
AM部のみの調整は、5,000円です。
FM部の調整にAM部を加える場合は、2,000円追加をお願い致します。
シンセサイザー・チューナー、アナログチューナーどちらも同額です。
DA−F9000と同規模でしたら上記料金で、複雑な物はご相談の上で決定致します。
TONACTIVというネットショップを開設していますので、その関連のお仕事として行います。

 なお、調整値のリストは発行致しません。
現在手作業で調整測定していますので、これをリスト化するのに調整よりも時間を費やします。
何よりも測定値は時間変動しますので、一瞬の値に余り意味はありません。
最良値に調整し、時間をおいて確認することで値の変動が一定の範囲内である事を確認しています。

故障修理についてはその故障内容にもよりますのでお問合せ下さい。
故障修理と調整は全く別物で、故障修理+調整でお受け致します。
故障規模の大きなものはご勘弁頂きたくまずはお問い合わせ下さい。

 ご希望の方は、以下までメールをお願い致します。
Aita2-yas@hi-ho.ne.jp
頭のAを1つ取って ita2-、、、とし、@(アットマーク)を半角として下さい。
 
  左側の写真が調整中風景です。

 左の縦積みは、ステレオ信号発生器
 と高周波信号発生器です。
 中央は、オシロとスペアナです。
 右は、周波数カウンタと歪率計です。

 AMは、きちんとループアンテナを
 使用します。
 写真では、机の上にあり、ループが
 半分欠けて写っています。

 左側の写真は2010年3月のもので
 2011年6月にはオシロがデジタルに変わり(右側)、
 2015年にはネットショップ開設の為、
 高周波系の配置が変わりました。
 流れとしては、

[御依頼者様側] メールでご連絡下さい、その際状況もご連絡下さい。
[  当方  ] 状況が確認できましたら発送依頼を致します。
[御依頼者様側] 発払いにて発送をして下さい。
[  当方  ] 到着しましたら、状況を確認してご連絡致します。
[  当方  ] 調整中に何かありましたらご連絡致します。
[  当方  ] 調整が終了しましたらご連絡致します。
[御依頼者様側] 了解頂けましたら料金の振込をお願い致します。
[  当方  ] 料金の振込みが確認できましたら着払いにて返送致します。
[御依頼者様側] 到着後はなるべく早く動作確認をお願い致します。

 調整不具合等のご連絡は10日以内にお願い致します。
それを過ぎますと、無料再調整等はお受けいたしかねます。

 なお、発送は発払いも可能です。その場合は、調整代と送料の合計をお振込み下さい。
梱包は、発送時のものをそのまま利用します。
雑な発送で壊れて到着した場合、調整を始めて故障が発覚した場合には、別途打ち合わせをお願い致します。
納品書兼領収書を同梱します。
又、下請け的なご依頼はお受け致しません。
KENWOODは、古いものも調整・修理してくれるようですので、まずサービスにお問い合わせ下さい。

 以上、よろしくお願い致します。

 東京都町田市在住ですが、連絡先等はメール連絡時にお知らせ致します。

開始ページへは、ココです。
前のページへは、ココで、HOMEに戻る場合は、こちらです。