東儀祐二奨学基金と東儀賞

♪ホームページにもどる

東儀祐二奨学基金と「東儀賞」について

東儀祐二奨学基金代表者 澤 和樹

1991年8月21日に大阪のザ・シンフォニーホールで行われた、一人の偉大な教育者の共通の薫陶を得た演奏家たち(漆原朝子、漆原啓子、小栗まち絵、景山誠治、久合田緑、五嶋みどり、澤和樹、店村眞積、西澤和江、葉加瀬太郎、渡辺剛という多彩なソリスト、小泉和裕氏指揮による126名ものメモリアルオーケストラ)による「モーツァルト・ヴァイオリンと管弦楽のための作品全曲演奏会」は、作曲家の没後200年を記念するこの年に世界中で行われた数え切れない演奏会の中でも、極めてユニークな存在であり、各方面から注目されました。

関西を中心に、日本を代表する弦楽器奏者、教育者をその門下から数多く輩出し、1985年に56歳の若さで世を去った東儀祐二先生の偉大な業績を偲び、またその教育理念を永久に残したいという門下の人々共通の思いを込め、その演奏会収益(約900万円)を基金として「東儀祐二奨学基金」が設立されました。

1993年より、同基金では毎日新聞社主催・日本放送協会後援の全日本学生コンクール の全国大会ヴァイオリン部門の優勝者(小・中・高校各部門)に対し「東儀賞」として、 トロフィーならびに賞状を送っています。また、東儀祐二先生が常任指揮者をつとめられた千里市民管弦楽団では特に関西在住の「東儀賞」受賞者との共演による「東儀賞受賞者演奏会」を主催しています。


これまでの東儀賞受賞者演奏会

  1. 1996年 7月14日 Vn.独奏 篠原 智子、谷本 華子
  2. 1997年 6月29日 Vn.独奏 神尾 真由子孫仁洙
  3. 2000年11月19日 Vn.独奏 清永 あや岩城 風佑
  4. 2001年 9月 1日 Vn.独奏 神ア 悠実瀧村 依里
  5. 2003年 3月 2日 Vn.独奏 藤江 扶紀黒川 侑大岡 仁
  6. 2005年 6月12日(記念演奏会) Vn.独奏 松川 暉、藤江 扶紀、黒川 侑、瀧村 依里、清永 あや
  7. 2012年 2月11日 Vn.独奏 吉田 南、松岡 井菜、神崎 悠実
  8. 2014年 2月 2日 Vn.独奏 吉田 南、内尾 文香、松川 暉
  9. 2016年 2月12日 Vn.独奏 前田 妃奈、巽 千夏、藤江 扶紀

トロフィーについて

トロフィーは東京芸術大学美術学部教授で、我が国の鋳金の第一人者である原正樹氏の監修により、若手の最高峰、同大学助手(当時)の橋本明夫氏のオリジナルデザインで、その美術的価値は高く評価されています。
先頭 - ♪ホームページにもどる Last modified: Mon May 02 13:40:20 2016