ウッドデッキのクロスの取り付け


クロスを取り付ける方法と仕方


クロスの取り付け柱にクロスを取り付ける方法として、2通りの方法が考えられています。その1として、左の画像のように柱を建てたら、柱の垂直を 確認されながら、クロスを取り付けていく方法です。クロスは一片は角度加工が既にされています。もう一片が長くなっていますので、柱にあてがい良いとなったところで カットして納めます。この加工をクロスに全てされて、柱に取り付けられたら、最後に笠木を取り付けてフェンスを組み立てていく方法です。 もうひとつのその2が、先に柱の垂直を見ながら、笠木をつけてから、クロスを取り付けていく方法です。柱に笠木が取り付けられていますのでそれにクロスをあてがいカットして納めていきます。 どちらの方法でもいいですが、基本形はその1の方法をとられているようです。

クロスのビス穴、その1クロスには、ビス穴があいています。付属のクロス用ビスで止めていきます。インパクトドライバがあると容易にしてくれます。 また、ビス穴が深く掘られていますので、ビットは長いものをご用意ください。

クロスのビス穴、その2クロスには、上下にビス穴があいています。ビス穴の径は9mmの穴であいています。

クロスのカット部分柱にあわせてカットされたところです。実際は、クロスは長くなっていますので、画像のように柱の垂直を確認しながら良いとなったところでクロスの長い部分を カットして、画像のように納めます。カットした部分は、付属の補修用塗料を塗布しておきましょう。全てこのように、クロスを取り付けましたら笠木を取り付けていきます。

クロスの取り付けたところ、その1柱にクロスを取り付けていっている画像です。全てのフェンス柱にクロスを取り付けていく、その1の方法がこの画像のやり方です。

クロスの取り付けたところ、その2この画像の中で、左のフェンス部分は、クロスの頭は柱に合わせて既にカットされて納められています。 右側の部分は、これから柱にあわせてカットしようとしているところで、一片(頭)の部分は柱より長くなっています。この部分を、柱にあてがい長い部分をカットしていきます。 カットし終えましたら、付属のクロス用ビスで固定していきます。固定した場合でも、柱の垂直は随時確認いたしましょう。

ウッドデッキのキザミ加工へ戻る


お問い合わせウッドデッキ通販 阿部建設