マイ・カー記録   ホンダ・新型フリード+(プラス・GB5)←ステップワゴンRG1

最新情報!!はこちら!

車歴はこちら・・・・・・・・・・・


2007年ー2016年 ステップワゴン記録はこちら!

2017年 ホンダ・フリード+(GB5)G ホンダセンシング ← ステップワゴン(RG1)
1月22日

フリード+
プラス
納車日
決定


ホンダ・フリード+の納車予定日が決まりました。当初の予定(3月上旬)よりも1か月近く早い2月5日です。
今回フリード+(5人乗り)を選択した理由は、ステップワゴンのサードシートが結局未使用に終わり、現在、使用実態の殆どが1,2人乗車であるからです。1人乗車のステップワゴンでの“お買い物”はちょっと寂しいかも?ベゼルも考えましたが、年老いた父母を乗せる機会も多く、スライドドアで乗り降りのし易さもポイントでした。もちろん地震が起きたら車中泊できる事も安心ですし、上下二段のラゲッジの使い勝手が良さそうだと思いました。また、ホンダ・センシングという安全ブレーキ等の機能も楽しみです。特にアダプティブクルーズコントロールという一定速度の範囲で先行車を追走してくれる機能は、高速走行時の疲労軽減に役立ちそうです。
ハイブリッド?いいえ、もちろんDOHC VTEC 16バルブ直噴のレシプロエンジンです。

2月5日

ホンダ
フリード+
プラス
納車

朝10時、奥方と二人でホンダ・ディーラーへ行き、ステップワゴンのキーを返却して、新型フリード+(プラス・GB5)を受領いたしました。
ステップワゴンは10年間、我が家の家族を守ってくれた素晴らしい車です。この車で何度キャンプや旅行へ行ったことか・・。無事故無違反に感謝の言葉しか浮かびません。お疲れ様でした・・。
ステップワゴンの最終走行距離43670km

今日からはフリードが新しいパートナーです。なかなかのルックスでしょう・・?10年間で色々な歯痒い機能が解消されているようです!とても楽しみです。詳しいインプレッションは後程。

現在の走行距離44km
2月11日

ホンダ
フリード+

千葉県
道の駅へ

フリード+(プラス)納車後、初のドライブへ出掛けました。行先は千葉県内の道の駅です。
朝7時半に出発、アクアラインを通り、木更津に9時過ぎに到着しました。さらに木更津から南下し、「保田小学校」「富楽里とみやま」「とみうら」「三芳村」といった道の駅をまわり、自宅には未だ明るい17時半に到着しました。
今回の走行距離262km 燃費は18.6km/ℓ

今回は注目の「ホンダセンシング」・ACC(アダプティブ・クルーズコントロール)についてレポートします。
ACCは「セットボタン」を押すと、その時点のスピードが最高速度として維持され、先行車がある場合は任意の車間距離をとって追走し、車間距離が近づいた時は自動でブレーキをかけ、離れると再び加速を始める装置です。もちろん設定速度調整、車間距離の変更も可能で、ブレーキを踏めば解除されます。レーン維持機能もあり、白線の中央を維持して走行するようにハンドル操作も行います。
エンジンスタート後、ハンドル右側のボタンを押すとACCの準備ができ、お好みのスピードで「セット」すると”準自動運転”が始まります。
今回、アクアライン、首都高速道路でACCを試しましたが、驚くほど正確な操作を体感しました。ハンドルから手を離すと警告が出ますので、添えるだけで試したところ、本当にカーブラインを正確にトレースしました。
横からの割り込みにも対応していて、追走する相手を瞬時に変更します。
今回気付いた弱点は、首都高速で前車がいない急カーブにオーバースピードで侵入しようとした事でした。なるほど!カーブの加減を察知して減速する機能は無いのですね!しかし、幹線の高速道路では十分実用的であると思います。今回もアクアラインで流れの良い渋滞時に、ACCが重宝しました。本当に”楽”なのですが、運転時の操作が減り、眠くなってしまうのが最大の弱点でしょうか?

現在の走行距離 351km
2月21日

ホンダ
フリード+
プラスの
約500キロ
での
インプレッション

フリード+納車後2週間、474kmを走行して燃費は14.7km/ℓ(満タン法)です。相変わらずホンダの燃費計が優秀な事も確認できました。
ステップワゴンとの大きな違いはミッションがCVTだということです。スムースな無段変速なのですが、エンジンブレーキを積極的に働かせて運転する機能は残念ながら備えておりません。Sモードは山道の下り用で、高速道路での減速にはフットブレーキがファーストチョイスになります。ステップワゴンのボタンによるサードへのシフトダウンが非常に便利だっただけに残念です。CVTでこれをやるとベルトへの負担が大きいのかもしれません。
他には、ハンドリングが格段に向上しました。電動化され操作が軽いだけでなく、クイックで正確なインフォメーションです。決して軽い車体ではありませんが、素晴らしいエンジンパワーと相まってまるで「フィットRS」のようなスポーティーな加速感を味わう事が出来ます。ミニバン的な鈍重さが全く感じられないのは正直驚きです。(ECONを外しておけばですが) アイドリングストップは良く出来てはいますが、やはり私の好みではないので、度々解除しています。永久に解除出来れば嬉しいですね。
収納が多いと紹介されていますが、グローブボックス自体はステップワゴンRG1よりはるかに小さく、各収納ポケットも小さ目です。ナビの下のポケットも、あと1センチ高さがあれば眼鏡が入るのですが・・中途半端な大きさです。
長所短所を色々書きましたが、この車の最大の長所は、上のクラスからの乗り換えにもかかわらず、チープさが感じられない事です。特に静寂性が向上したのは嬉しい誤算でした。

2月25日

秩父~
山梨へ
ドライブ

快晴の土曜日、ホンダ・フリード+の慣らし運転を兼ね、秩父~山梨へドライブに出かけました。
インターナビの目的地を三峰神社に設定、朝8時過ぎに自宅を出発しました。しかし、ナビの選択したルートは何故か一般道でした。関越道、圏央道経由の方が早そうでしたが、今日はナビに従うことに致しました。
ホンダのインターナビのルートガイドは適時データ通信を行い、他のホンダ車の情報を元に最適なルートを選択してくれるそうです。実際、走行中もルートが度々変更されました。
三峰近辺に到着したのは11時半頃で、途中に渋滞もなく、満足できるルートだったと思います。しかし、高速道路の渋滞情報が加味されたかどうかは不明です。ナビの評価は後日に譲りたいと考えます。
三峰付近からはナビを切り、雁坂トンネルを通り、山梨県へ入りました(写真)。トンネルを越えた山梨県側の風景にビックリしました!!積雪?小さな湖・広瀬瑚は凍結した上に雪が積もり、まるでスケートリンクのようでした(写真下)。もちろんサマータイヤのフリードは慎重な運転を強いられました。
山梨県では「道の駅」を数か所まわりましたが、季節外れのようで、賑わいも直産物も少なく、残念な感じでした。帰りは20号線を走行後、大月インターから中央高速に乗り、途中夕食の買い物をしながら自宅へ戻りました。

この車のアダプティブ・クルーズコントロール・システムはなかなか優秀です。高速道路だけでなく、ノロノロ運転の山間部の国道でも素晴らしい威力を発揮しました。運転疲労は明らかに軽減されたと思います。ノロノロ運転でもイライラしません。あとは私が使い方を習熟するのみです。
本日の走行距離244.9km 燃費計の表示は18.2km/ℓ 総走行距離769km

3月12日

ホンダ
フリード+

ラゲージ
ネット
装着!

数年来の課題であった買い物袋の転倒防止、飛散防止用の対策を試みました。
フリード+のラゲージは上下2段に仕切ることが出来、洗車セット、クーラーボックス等は下段に収納、上段は常に綺麗な状態保つことが可能です。さらに上段には「ユーティリティーナット」というネジ穴が20個もあり、6mmサイズのネジが利用できます。これはバーやフックを取り付けるための穴です。今回は買い物袋以外も固定でき、簡単に取り外せるラゲージネットを装着してみました。
購入したのは「TANAX」のカーゴフック2個入り(約700円・写真)を2個、「PGMARO」の2層ラゲージネット(80cm×60cm・約2100円)です。

先ず、ユーティリティーナットの下段両端にフックを取り付け、ネットを固定してみましが、ネットの長さがやや短めでテンションがかかるのは良いのですが、実際に荷物を載せてみても思った程のサポートがありません。本当は、横にバーを2本通し、間にネットをぶら下げると理想のサポートが出来るのですが、それでは大きな荷物の積載時に外す手間がかかります。
そこで、昔キャンプで使用していたテントのフライ張り用の「ゴムバンド付のフック」でテンションを緩め、ネットの間に買い物袋を入れてみました(写真右)。すると・・これが非常に良い感じになりました。これなら加速時、急ブレーキ時にも荷物が飛び跳ねる心配がありません。荷物も出し入れも見た目以上に簡単です。脱着もフックを外すだけ、調節もゴムバンド付フックの取り外しで可能です。

さらに手前のフックを天井の金具に掛けてみると後席用の荷物入れに変身しました(写真左)。荷物によって使い分けができそうですね。
アイデア次第ではまだまだ楽しめそうですよ!フリード+の荷室は。

追伸・1か月点検に出しましたが、異常無しでした。しかし、その後ドライブレコーダーにエラー発生。ビープ音が止まりません。初期不良のようで、次週交換の予定です。

現在の走行距離1006km
4月9日

ホンダ
フリード+
プラスの
フルフラット
スペースを
チェック

ニューフリード+(プラス)の”ウリ”のひとつ、大人2人が楽に寝れる95%フルフラットスペースをチェックしました。
フルフラットスペースはリアシートを最も後ろにスライドさせた状態で、座面を起こし、前席シートバックに押し付け、後席のシートバックを倒すと完成します。しかし、リアシートバックとフロアボードの間に隙間ができるので、後席のシートバックに装備されているボードで隙間を塞ぐことになります。しかし、このボードは強度を確保するため、2.5センチと厚めの材料が使われていて、その分段差ができてしまいます。冒頭で95%と書いたのはこの段差が理由です。
この段差を解消するために、純正で厚手のマットが用意されていますが、安価な方法としては、銀マット等で段差を補い、テント用のインナーマット等を敷けば、身長171センチの私には十分過ぎるセミダブルベッドに変身します。
このスペースは位置がやや高めに設定されているお蔭で、タイヤハウスの出っ張りに影響されず、幅が広いことが特徴です。この広さなら車中泊でエコノミークラス症候群になる心配はありませんよね!尚、身長の高い人は前席をスライドさせることにより、さらに15センチ程度・長さを拡張することも可能です。

ところで、カーナビのプログラムのアップデートをディーラーで行いました。オートライトでトンネルに突入時にライトは点灯するのですが、カーナビの照明が減光されない症状が見られたからです。どうやらケンウッド製のナビとフリードの整合性に不具合があったようです。それにしても、ディーラーに情報が入っていないのは×ですよね。ネットの掲示板では2月に解決されていたアップデートでした。

今日までフリード+に乗ってきての感想ですが、良いクルマという一言です。コンパクトで取り回しに優れ、燃費は学生時代に乗っていたダイハツの1000ccシャレード・マニュアル車並み。ラゲッジは使い易く仕切りがあり、いざとなればキャンプに行けるに十分な積載量があります。気になりだすと耳につく直噴エンジンの「ビビビ・・・」という噴射音と引き換えに得たエンジンパワー(131馬力)はミニバンとは思えない気持ち良い加速感を味あわせてくれます。ちょっと褒め過ぎでしょうか?
直近980キロの平均燃費は14.0km/ℓ、ドライブでは16~18km走ります。
現在の走行距離1502km

4月16日

ラゲッジ
マット
を購入

ホンダ・フリード+用のラゲッジマットを購入しました。
このマットを敷く場所は前回レポートしたフルフラットスペースの下にある荷物置き場です。ユーティリティーボードを外して大きな荷物、濡れモノ等(植木や野菜)を運ぶ時に車の汚れを躊躇しない為に購入を決意しました。
純正品には水に強いゴム製品もありましたが、割高に感じましたので、質感も良く、リーズナブルなサードパーティー品に決めました。
お値段は送料込みで約6000円でした。

5月6日

秩父
道の駅へ

何処にも行かないと決めたGWでしたが、「筍」欲しさにフリード+で「道の駅・花園」へ行ってきました。スタートは午前7時40分、所沢 ICから関越道、いつものルートで渋滞はありません。驚いたのはフリードの燃費計です。高速道路を降りる時に20.7km/ℓを表示していました。慣らし運転も終わり調子が出てきたみたいです。
花園で待望の「筍」を大量にゲットした後、「道の駅みなの」で昼食を食べました。注文したのは、「田舎うどん」に小さな「わらじカツ丼」が付いたAセットです(写真)。もちろん自家製の手打ち麺で、コシが強く美味しかったですよ!わらじカツも美味で、お腹が一杯になりました。これで880円は安いですよね!
食事後は定峰峠を越え、東秩父を通り嵐山小川ICから再び関越道に乗り帰宅しました。

今回の走行距離 168.7km 本日の平均燃費 19.3km/ℓ

エアコンON、ハイペースで山越えをしたにもかかわらず、この低燃費は驚異的です。CVTの動作が素晴らしいですね。エンジンの回転数が2000回転を越えることは稀で、一般道なら1000~1500回転以内で加速します。高速道路100km/h走行時の回転数は2500回転以下、80km/h走行だと2000回転程度だと思います。もちろん踏み込めばしっかりと回転しますが、CVTのセッティングの妙で違和感さえある超低燃費です。ちなみにアイドリンストップは常時OFFを心がけています。

現在の走行距離2024km 直近1500kmの平均燃費 14.0km/ℓ

6月10日

フリード+
で南房総
道の駅へ

週末は天気が良い・ということなので、本年2月に行き残した南房総の「道の駅」まで足を延ばしてみました。
朝6時半に出発!カーナビを無視して首都高4号線から中央環状線に入りアクアラインを目指しました。ところが湾岸線が大渋滞です。アクアラインへ入る車線だけ長蛇の列でした。

結局、館山の「道の駅」に到着したのは目標よりも30分遅れの10時半となってしまいました。更に残念な事に館山の道の駅「南房パラダイス」には、お目当ての海産物も農産物も無く、お土産物が販売されていただけでした。
気を取り直して次の「白浜野島崎」へ。しかしこちらは更に残念な道の駅でした・・。
結局食事は次の「ちくら・潮風王国」でいただきました。こちらは海産物の直売所があり、レストランも充実しています。私は特大アナゴ天丼・1950円(写真)をいただきました。凄いボリュームでしたよ!

その後は「ローズマリー公園」「和田浦WA・O」「鴨川オーシャンパーク」(写真左)と、海沿いを周り、鴨川から山道に入り、「ふれあいパーク・きみつ」で農作物を購入し、再びアクアラインで帰路につきました。

それにしても今回、往路復路とも渋滞、渋滞で、特に帰りは工事通行止めで首都高速を遠回りした事もあり、帰宅したのは夕方6時過ぎとなってしまいました。原因の一つは私がカーナビを信用しない事みたいです。何故そっちのルートなの?と思ってしまいます。ついつい逆らってしまいます。最新のカーナビが優秀なのはわかっていますが、何故このルートなのか・説明してくれると嬉しいですね!

今回の走行距離 310.9km 本日の平均燃費 17.0km/ℓ
大渋滞の割にはまずまずの数字でしょうか?千葉県内の海沿いの道で稼いだ感じです。

現在の走行距離2654km 直近2130kmの平均燃費 14.3km/ℓ

6月25日

茨城県
二本松寺
の紫陽花

本日関東地方は雨の予報でしたが午後には上がりそうです。思い切って潮来方面までフリード+を走らせました。出発は8時前、お昼までには着くかな?というイメージでしたが、何と!カーナビの到着予想時刻は9時15分です。???鹿島スタジアムへは仕事で度々行きましたが、東京都心から車で2時間はかかった記憶があります。西東京から1時間半は難しいのでは?
そんな心配をよそに道の駅「潮来」に到着したのは9時20分でした。早いですね!実は私が想像した外環道から都心を通るルートではなく、カーナビが選択したのは、外環道、常磐道、圏央道、東関東自動車道というルートでした。新しい道が出来ていたのですね!感謝。
道の駅で買い物と朝食を済ませ、本日の目的地、二本松寺へと向かいました。
二本松寺に到着したのは11時半でした。このお寺は紫陽花が有名なお寺です。幸いなことに雨も上がり蒸し暑い中の散策になりました(写真)。
カエル、トンボ、カブトムシまで出現するなど自然豊かなお寺ですね!この時期は非常に混雑する紫陽花の名所だそうですが、本日は天候の不安からか、丁度良い混雑具合となりました。
12時に二本松寺を出発し、道の駅「たまつくり」を経由、守谷SAで昼食をとり15時40分に帰宅しました。

今回の走行距離 264.5km 本日の平均燃費 19.3km/ℓ

渋滞が無く順調な一日でした。この車は高速道路走行時、100km/h走行と80km/h走行の燃費の差が大きいようです。今日は100kmペースで走行しました。アイドリングストップは常時キャンセル、エコモードONです。

現在の走行距離3074km 直近2550kmの平均燃費 14.4km/ℓ

7月2日

フリード
プラス+
のラゲッジ

フリード・プラスの荷室をさらに使いやすくするためのネット、フックを追加しました。
手前のネットに続き、奥(後席のシートバックの後ろ)にもネットを追加しました。さらに、後席のヘッドレストの支柱にゴム付フックを取り付け、買い物袋の固定をより確実にしました。そして天井にはフック付の赤い平ゴムを取り付け、未使用時は連結することで、かさばらないようにしました。
少々過剰な装備かもしれませんが、荷物が転がらない安心感は非常に大切だと分かったからです。新しいネット(1000円)、赤いゴム(1個198円)、ゴム付フック(1個100円)と決して過剰な出費ではありません。純正だったら2万円近い出費だったと思います。

7月8日

初めての
オイル交換
ディーラーで無料半年点検を受けました。もちろん異常なし。同時に初めてのオイル交換を致しました。現在はエンジンの加工精度が上がったためか?1000kmでの交換はせず、3-4000kmでの交換が一般的だそうです。費用は3603円でした。走行距離3140km
7月9日

クーラー
ボックス
のテスト

フリード+での買い物用にクーラーボックスを購入しました。お値段は2025円(税込)と格安品です。現在使用している「igloo MaxCold32CAN」は背が高く、フリード+のラゲッジ下に置くと3センチだけユーテリティーボードが浮き上がってしまいます。
そこで、ボード下にきっちり収まるクーラーを探していましたが、釣り用は高価ですし、キャンプ用はサイズが合いません。もちろん保冷性能も気になりますので、通常よ高密度の一体型発泡剤を使用しているという「キャンパーズコレクション」の「スーパークールボックスCC26L」を購入しました。

しかし気になるのは保冷力です。クーラーボックスの回りに汗をかくようでは悲しいですよね!そこで簡単なテストを行ってみました。方法はビニール袋入りの氷300gを双方のクーラーボックスに入れ、車のラゲッジに乗せ、5時間放置したあとの残りの氷の量を量るというものです。比較するのはigloo MaxCold32CANです。こちらは長年の使用で非常に優れた保冷力を確認しています。断熱材は発泡ウレタンでケースの厚みもCC26Lの倍近くあり、1クラス上という感じです。
写真の右がMaxCold32CANです。ケースの厚みが段違いです。開口部が大きいのはCC26Lです。買い物袋が入れ易すそうですね!
容量はCC26Lが26ℓ、MaxCold32CANが22.8ℓです。

右の写真はフリード+のラゲッジに置いた状態です。MaxCold32CANはこの状態でユーティリティーボードがはまりません。ほんの少しの高さなのですが、残念です。

結果は・・MaxCold32CANの圧勝でした。残った氷の写真、左のスケールががCC26L、右がMaxCold32CANです。CC26Lが8gしか氷が残らなかったのに比べ、MaxCold32CANは58グラムも氷が残っています。容量が3ℓ程CC26Lが大きいハンデはありますが、やはり断熱材の厚みの差でしょうか。つまり、お値段の差なのですね。
しかし、今回氷がケースのサイズに比べ少なかった事、本日我が家周辺は35度を越える猛暑であったことを考えると、買い物程度の数時間なら問題なし、という感じです。心配していた汗もありませんでした。

8月6日

真夏の燃費

軽井沢

エアコンがフル稼働する真夏は車の燃費には厳しい季節ですね!街乗りオンリーですとフリード+の燃費計が10km/ℓを越えるのがやっと・という感じです。車の色が白からグレイに変わったこともエアコンフル稼働の原因かもしれません。
そこで涼しい高原で一息つこうと、軽井沢へ向かいました。6時20分に自宅を出発、関越道は渋滞も無く、旧軽井沢には9時前に到着しました。途中雨が降ったにもかかわらず、旧軽井沢付近は超快晴でした。確かに湿度は低めかもしれませんが、日差しが強烈で非常に暑く、男の自分でも日傘が必要な程でした。案の定、旧軽井沢散策後、奥方と次女はバテバテになりました。帰りに寄る予定だったアウトレットモールもキャンセルし、早々と引き上げることになりました。私は元気でしたので、ちょっと残念でしたが、仕方ありません。
写真は旧軽井沢にある雲場池です。紅葉の季節は素晴らしい景色とのことでしたが、夏でも十分綺麗な風景でした。
帰りの関越道では渋滞に3度も見舞われ(合計20キロ以上)14時過ぎに軽井沢を離れたにもかかわらず、帰宅は17時過ぎとなってしまいました。

ACC(アダプティブクルーズコントロール)には非常に助けられました。今日は大雨の影響で10キロの区間、そこそこ流れる渋滞がありましたが、25km/h以上で動作するACCのおかげでイライラもなく、余裕を持って運転できました。次のモデルチェンジでは、止まっても動作を続けるシステムに進化するのは確実ですね!

今回の走行距離 305.5km 本日の平均燃費 19.2km/ℓ

現在の走行距離3750km 直近3226kmの平均燃費 14.0km/ℓ

*先日購入した格安クーラーボックスは失敗かもしれません。1日保冷剤が持ちません。

8月26日

安物買い

銭失い


車載用に釣り用のクーラーボックス「ダイワ・プロバイザーHD GU2100X」を購入しました。7月にホームセンター購入した格安品は、真夏のドライブで保冷剤が1日と持たず、ヒヤッとさせられた経験からお払い箱となりました。安物買いの銭失いでした。
今回は購入にあたり、釣具屋さんで実物を手にして、その厚み、重量感、収納サイズ感、使い易さを確認して選択しました。断熱材の厚みは格安品の2倍以上もありそうです。さらにウレタンフォームという発泡スチロールよりも熱伝導の低い断熱材が使われています。保冷性能は格安品に比べ段違いであると想像できます。内寸はD23.5×W36×H24と容量21ℓの割に広々とした庫内は使い易い2:3の縦横比です。
さすが釣り用だけあり、ガッチリとした作りですし、ワンタッチで開閉出来ることも素晴らしいと思います。性能テストは不必要かもしれません。信頼のダイワ製ですから。

11月11日

フリード+
5000キロ
突破

フリードの走行距離が5000キロを突破しました。購入後9か月で5000キロ走行は我が家としては異例に早いペースです。キャンプに度々活躍したステップワゴンでも1年で5000キロを超えることは一度もありませんでした。
走行距離が増えた理由は多分、乗り易さであると思われます。とにかく機敏に動いてくれ、コンパクトで駐車も容易なので奥方の使用頻度が増えたと感じます。私も心地よいエンジンフィールと長距離運転しても疲れにくいことから、ついつい遠出をしてしまいます。もちろん燃費の良さもありますが・・・。
ところで、リアウインドウに「ドライブレコーダー作動中」のステッカーを貼りました(写真)。理由は皆様お分かりのとおり、例の”あおり運転事故”がきっかけです。実際、ドライブレコーダーを装備しているのですが、それをアピールすることで、”あおり運転”に会いにくくなる効果があるそうです。300円程度でした。
現在の走行距離5145km 直近4621kmの平均燃費 13.7km/ℓ


トップページへ            作者紹介へ