My Tenkara Kebari and Others
amago mark


My Tenkara Kebari 1 My Tenkara Kebari 2 My Tenkara Kebari 3 My Tenkara Kebari 4


もともと西洋式のドライフライの釣りが好きで、テンカラ釣でもドライタイプの毛鉤を好んで使っています。 水面を割って出る渓魚を釣るのはウエットタイプの毛鉤の釣りとは異なった面白さがあります。 TMC102Yの#15-#11の鉤に、ゴールドのフラットティンセルを下巻きにして、フックベントの部分に1-1.5mm程度ティンセルを残して、 テンカラ毛鉤の伝統的な材料であるゼンマイの綿毛やフライライト、ピーコックヒールなどを巻きとめます。 見易いようにエアロドライウィングのインジケーターをつけています。 西洋式フライのクリップルパターンに似た形で半沈みの状態にもなります。


My Tenkara Kebari 5 My Tenkara Kebari 6 My Tenkara Kebari 7 My Tenkara Kebari 8


これらは伝統的なテンカラ毛鉤のパターンで、水面直下から流れの中を釣る毛鉤です。 ソフトハックルフライと全く同じと言えるほど似ています。 TMC104SPの#12-#10の鉤に、テンカラ毛鉤の伝統的な材料の一つであるゼンマイの綿毛や毛糸、絹糸などを巻きとめ胴にします。 みの毛には雉や山鳥の胸毛などがよく使われますが、左の二つの毛鉤は雀の風切羽または尾羽を使っています。 私たちの周囲にいくらでもいる雀ですが、その完全な羽毛を入手することは今では殆んど不可能です。 ファイバーの柔らかさや色が気に入って、拾った羽などをストックしておいて使っています。


My Tenkara Kebari 9 My Tenkara Kebari 10 My Tenkara Kebari 11 My Tenkara Kebari 12


これらも伝統的なテンカラ毛鉤のパターンの逆さ毛鉤です。 上記と同様に水面直下から流れの中を釣る毛鉤です。 TMC102Yの#11やGamakatsu S12-1Fの#10の鉤に、ゼンマイの綿毛や毛糸、絹糸などを巻きとめ胴にしています。 これらの毛鉤はみの毛に雉を使っています。そして、あまり極端な逆さのみの毛にならないようにしています。 私はすべてのテンカラ毛鉤にゴールドのフラットティンセルを下巻きして、フックベントの部分に1-1.5mm程度ティンセルを残すことで、自作毛鉤の印にしています。 しかし、このゴールドのタグによる効果のほどはよく判りません。


Kenbane-kebari 5 Kenbane-kebari 6 Kenbane-kebari 7 Kenbane-kebari 8


キジの剣羽根の毛鉤はテンカラ毛鉤の代表的なパターンとして良く知られていますが、いつの頃からどこで使われてきたのか完全には分かりません。 一番左の毛鉤は、胴にフラットゴールドティンセルを下巻し、ゼンマイの綿毛で上巻しています。 二番目の毛鉤は、みの毛に朱色に染めた剣羽根を使い、ゼンマイの綿毛の胴をフラットゴールドティンセルでリビングしています。 三番目の毛鉤は、黄色の毛糸を下巻のフラットゴールドティンセルが透けるように巻きカゲロウの胴の質感を表現しています。 最後の毛鉤は、胴にフラットゴールドティンセルを下巻し、フライライトを上巻しています。 三番目の毛鉤以外は、がまかつのテンカラ専用鈎 管付山女魚7号を使っています。


Traditional Tenkara Kebari Pictures (Click On Images.)

Kurobe headstream area Hida Takayama area Mino Gujo area

これらの伝承毛鉤は、インクと透明水彩絵の具によって描いたものです。 伝承毛鉤もしくはこれらの絵に興味をお持ちでしたら、ぜひこちらをご覧ください。


My Best Streams
Flies
Equipment


amago Profile Link Home
Back to Main Home Page Profile Links
Home


Pencil
「渓魚と山里の四季」の絵をご希望でしたら、こちらをご覧ください。



Paper Trout
Paper Craft of Japanese Trout and the World Trout




Copyright © 1997-2017 Yoshikazu Fujioka. All rights reserved.